明清寺のお不動様

不動明王像明清寺には、ご本尊様以外に不動明王が祭られています。不動明王は「お不動様」の名で親しまれており、大日大聖不動明王(だいにちだいしょうふどうみょうおう)、無動明王、無動尊、不動尊などとも呼ばれています。不動とは、真に清らかな悟りの心を表し悟りの智慧そのものの現れで、この尊の心は勇猛で力強く、永久にあらゆる煩悩を打ち砕くと言われます。

お不動様は一見すると、怒った顔をし背には炎を背負い、剣を持ち、 羂索{縄のようなもの}を持ち、強く怖い印象を受ける方もいらっしゃるそうですが、そのお姿には意味があり、憤怒の形相をし、相手を屈服させてまで人々を救済しようとする姿で、額の水波の皺は、六道にあって苦しむ衆生を思いやる心を表し、左にたれる弁髪は、一子の慈悲を表し、左の一目を少し閉じているのは平等な眼をもって見るため。

上唇を噛み下唇を突き出すのは魔を恐れさせるため。口を閉じるのは戯論を滅することをあらわしていると言われています。

背中の光背は、無明煩悩を焼き尽くす火焔(毒を持った蛇を食べるというカルラ鳥(金翅鳥)の形をしている場合もある)とされ、貧(むさぼる心)、 瞋(慎む事をしない事)、癡(愚かな考え)の毒を断ち切る智剣をもち、羂索は降参しないものを縛り、仏の世界へ引き上げるため、大磐石の上にいるのは、人々の迷った心が動かないよう、衆生の重障を鎮めるためと言われています。

また、不動明王は五大仏の主である大日如来様のもとで、その手足となり働く役をになっており、人が亡くなってからの初七日の供養仏でもあります。

明清寺に祭られているお不動様は、赤不動様で、赤という色は南を指す色であると共に、愛を意味する色でもございます。愛と一言で言いましても様々な愛があると思います。もし、 明清寺へ御参拝の際にはこちらの仏様にもお参りして頂けると良いかと思います。

不動明王像

お不動様の真言

お不動様の真言には、 一字呪「ノウマク サマンダ バザラ ダンカン」や、 慈救呪 「ノウマク サマンダ バザラダン センダ マカロシャダ ソハタヤウンタラタ カンマン」 があります。

Page Top