明清寺のご本尊様(お薬師様)

 本堂には金色お薬師様(正式名称「薬師瑠璃光如来」)がいます。

 薬師瑠璃光如来様は、薬師如来、お薬師様と通称呼ばれています。

 このお薬師様の尊については『薬師如来本願経』に説かれていますが、この経典によれば、この世界のはるか東方に浄瑠璃という世界があり、そこを司っている仏様が薬師瑠璃光如来様であります。

 瑠璃とは青色の宝珠で、仏教で尊ぶ七宝の一つにも数えられています。この薬師如来さまが、仏になられる時に十二の大願をおこして、人々が求めるものを、みんな叶えて下されたそうです。

 また皆様が知る四十九日(七七日)を境に香典袋を御霊前から御仏前に変えていると思いますが、まさにその霊から仏へ変わる時の供養仏に配当されているのが、お薬師様であります。

お薬師様のご利益

薬師という名の通り、お薬師様は医師を意味しております。 このような名がつけられた由縁は、薬師如来の誓願である十二の大願の中に表れています。十二大願のひとつに、『私の名をきけば、いかなる病もことごとく除かれ、心も身体も安楽になる』といい、人々の病を治療することがお薬師様の誓いにあることから、「大医王尊」「大医王仏」とも呼ばれます。また、目の病を治す仏としても知られるお薬師様は、薬師如来の力により心身を覆っている迷いのうろこをとり、心の眼を開きたいという人々によっても熱い信仰があるようです。

薬師如来像

お薬師様の誓われた十二の大願

  • 一、 相好具足 衆生の姿を如来と同様に安らぎの道に導き円満にする。
  • 二、 光明照被 暗黒の世界に迷う人々に光明を与え、進むべき方所を知らせる。
  • 三、 所求満足 正しい教え、正しい方法を示して、人々の願いを正しく実現させる。
  • 四、 案立大乗 仏様の教えにかなった正しく幸せな人生、日常生活を送らせる。
  • 五、 持戒清浄 悪の道、間違った道に進まないよう守る。
  • 六、 諸根完具 病のある人々の全てを健康にする。
  • 七、 除病安楽 病気、貧窮多苦の者が名号(なむ やくしにょらい)を聞くことで、病いをもなおし、心身を安らかにする。
  • 八、 転女成男 希望する女性がいれば、男にして成仏させる。(また、それと同様に苦しみ、生きる事に絶望した、諦めている人々を救済するとも言われる)
  • 九、 去邪趣正 煩悩やあらゆる人々の迷いを断ち、苦悩を断って正見に戻して速やかに菩提を得とくさせる。
  • 十、 息災離苦 様々な権力や無量の災いによる苦悩を断つ。(守り、解脱させる)
  • 十一、飢渇飽満 飢えや渇きに苦しむ、どんな者も救い、安楽に導く。
  • 十二、荘具飽満 衣服・装具を与え、寒さや暑さから守る。

以上がお薬師様の「十二の大願」であり、心身のあらゆる病や人々を取り巻く環境による苦悩を取り除く仏様とされる。

拝み方

拝み方は、仏様に向かい手を合わせ、お薬師様の御宝号やご真言をお唱えします。そして、心に「薬師如来の功徳(くどく)によって、 (例えば、心身の病苦を除き・恐れや不安を除き、)如来様と等しく円満になれますように」などと祈ります。お薬師様の真言は 「オン コロコロ センダリマトウギ ソワカ」と唱えます。

合掌の図
Page Top